お知らせ(6月7日更新)

2018-10-01 14:36:00

インフルエンザ予防接種開始

早いもので今日から10月。昨日の台風も広島にはあまり被害がでなかったようで安心しました。しかし今朝は少し肌寒かったですね。先ごろよりお問い合わせをいただいておりまたインフルエンザ予防接種につきご連絡いたします。ワクチンを入荷いたしましたので本日よりインフルエンザ予防接種を開始します。なお費用に関しましては13歳以上の方は1回接種で3000円となります。13歳未満の方は4週間程度間隔をあけて2回接種が必要であり1回2500円となります。但し広島市在住の65歳以上で助成を受けられる方に関しましては10月15日(月曜日)から平成31年1月31日(木曜日)までが予防接種助成期間となりますのでご了承ください。広島市在住の65歳以上の方は1回接種であり自己負担額は1600円です。ご希望の方はご連絡ください。インフルエンザワクチンは接種後2週間ぐらいから効果が出始め5か月程度持続すると言われておりますので、少なくとも11月までには接種をすることをお勧めします。

インフルエンザ予防接種2018.jpg

 

2018-09-26 17:41:00

食中毒警報解除

6月18日に県内全域に発令されていました食中毒警報が9月26日解除されました。食中毒警報が解除されても食中毒が起こる可能性はありますので手洗いや食品の管理には十分注意しましょう。また寒くなるとノロウイルスの感染が増えてきますので併せてご注意下さい。

2018-09-12 12:57:00

松山市でインフルエンザ学級閉鎖

9月に入りだいぶ朝晩が涼しくなってきましたね。愛媛県松山市では平成30年9月10日から愛媛県で今季初の学級閉鎖となったそうです。広島市では幸い8月27日~9月2日までの週ではインフルエンザの報告はなかったようです。これから感染が始まる可能性もあり、また季節の変わり目は体調を崩しやすい時期ですのでうがい、手洗いなどの感染予防や体調管理には十分お気を付けください。

2018-08-27 15:34:00

風しんについて

もう気が付けば今週末には9月になるというのに暑い日々が続いていますね。現在、関東地方を中心に風しん患者が増加しておりますが広島県内でも8月20日以降、風しん患者の届け出があったようです。風しんはウイルスによって引き起こされる急性の発疹性感染症です。飛沫乾癬で人から人に感染し、2~3週間の潜伏期間を経て発熱、発疹、リンパ節の腫れなどの症状が出現します。小児より成人の方が症状が重篤なことが多く、脳炎や血小板減少性紫斑病などを起こすことがあります。また、妊婦が感染すると出生児が先天性風しん症候群をきたすことがあり特に注意が必要です。風疹の予防には予防接種が最も有効です。風疹の予防接種は当院でもできますのでご希望の方はご連絡ください。

2018-08-21 15:39:00

インフルエンザ

広島市では7月終わりごろより少しずつインフルエンザの患者様の報告があるようであり、8月6日から8月12日の週で19人報告があったようです。この時期としては多くなっておりますのでうがい、手洗いなどの予防を行ったり、発熱、のどの痛み、咳など感冒症状がある場合には早めの受診をご検討ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...