ごあいさつ

日髙内科医院は昭和56年に当地に開業し、以後地域のかかりつけ医として皆様に信頼される医療を目指しておりますがこのたび平成28年4月より2人診療体制となりリニューアルオープンすることとなりました。院長であった日髙惟登が名誉院長となり、新しく日髙 聡が院長となります。

私は広島市立安小学校を卒業後、修道中高等学校に進学しました。その後愛媛大学医学部へ入学し平成13年から医師として愛媛県や広島県で勤務しておりました。

内科全般を診療しておりますが消化器(胃、腸、肝臓など)を専門としており日本内科学会専門医、日本消化器学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓学会専門医を取得しております。

リニューアルに伴い当院にて上部消化管内視鏡(胃カメラ)、下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)を行うことができるようになりました。できるだけ安全で苦痛の少ない検査を行えるようこころがけております。

自分が育ったこの地域に少しでも貢献できるよう、また皆様の健康に少しでも役立つことができるよう努力してまいりますのでよろしくお願いいたします。

日髙内科医院 院長 日髙 聡