お知らせ(3月2日更新)

2023-08-06 10:53:00

訃報

体調を崩していた名誉院長 日髙 惟登のことにつきお知らせいたします。かねてから入院加療中でしたが去る令和5年8月3日 82歳にて永眠いたしました。故人が生前に賜りましたご厚誼に厚く御礼申し上げます。1981年に当地にて開院し、以後地域の「かかりつけ医」として長年勤めてまいりました。父の遺志をつぎ引き続き皆様が安心して暮らせるよう地域の「かかりつけ医」として邁進してまいりますのでよろしくお願いいたします。

2023-07-20 11:48:00

梅雨明け

今朝は朝からいい天気になりましたね。気象庁は20日、広島県が梅雨明けしたとみられると発表しました。平年に比べ1日遅く、昨年より6日早いそうです。これからは熱中症に注意しないといけないですね。こまめな休憩や水分補給に十分お気を付けください。また、新型コロナウイルスの感染患者も増加傾向にある印象です。暑い中ではありますが感染対策に十分お気を付けください。

2023-07-10 12:02:00

お盆休みのお知らせ

福岡、大分では大雨特別警報が発表され、広島でも大雨警報、土砂災害警戒情報が発表されております。雨により土砂災害が起こる危険性が高くなっておりますのでくれぐれもご注意ください。さて7月も半ばになりましたので8月のお盆休みについてご連絡いたします。当院では8月11日から8月15日までお盆休みとさせていただきます。大変ご迷惑をおかけいたしますがご了承の程よろしくお願いいたします。

2023-06-21 12:18:00

新型コロナウイルス感染症増加傾向

こんにちは。昨日まではかなり暑かったですが今日は一転して梅雨らしい天気ですね。新型コロナウイルス感染症が5月8日以降5類になってからあまり話題に上らなくなってきましたが徐々に増加傾向にあるようです。安佐南区でも先週は学級閉鎖があったようです。当院では先週まではそんなに多くないような印象でしたが今週に入ってから新型コロナウイルス感染症の患者様が急激に増えている印象です。また、インフルエンザも例年と違い感染者の報告がなされており学級閉鎖も安佐南区、安佐北区で今週あったようです。感染対策には引き続きご注意ください。

2023-06-02 11:14:00

多汗症について

おはようございます。6月になり梅雨らしい天気ですね。さて、今日は多汗症についてお話しさせていただきます。多汗症とは日常生活に支障をきたすほどの大量の発汗をきたす状態とされております。そのうちの手掌、足底、腋窩、頭部顔面の限局した部位から両側性から過剰な発汗を認める疾患を原発性局所多汗症といいます。日本における有病率は10%程度であり、思春期から成人にかけて発症します。罹患により学習効率や労働生産性の低下、精神的苦痛、対人関係への悪影響がでて、患者の生活の質の低下をきたす可能性があります。今まで原発性手掌多汗症に対する第一選択の治療法は塩化アルミニウム外用療法とイオントフォレーシスでした。しかし、塩化アルミニウムは保険診療に適応のある外用剤はないことが問題でした。この度、日本初の原発性首相多汗症治療薬としてアポハイドローションという薬剤が発売されました。1日1回就寝前に手掌に塗布して使用する薬剤となります。効果が乏しい場合にはイオントフォレーシス治療がございます。多汗症は症状がつらいにもかかわらず医療機関の受診率のとても低い疾患です。お困りの症状がございましたらお気軽にご相談ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...