お知らせ(7月12日更新)

2023-12-14 11:01:00

広島市内でもインフルエンザ患者報告数が警報レベルを超えました

先日広島県でインフルエンザ警報が発令されたことをお伝えしておりましたが、令和5年第49週(12月4日~12月10日)の広島市の調査にてインフルエンザ患者報告数が1医療機関あたり42.69人と警報レベルの基準である1医療機関あたり30人を上回りました。また60件の学級閉鎖などが報告されております。今後、流行がさらに拡大する可能性がありますので感染予防に十分お気をつけください。