お知らせ(1月25日更新)

2023-01-13 07:39:00

インフルエンザ流行入り 胃カメラ・大腸カメラの一時中止について

おはようございます。今日は少しあたたかい朝になりましたね。さて新型コロナウイルス感染症は引き続き毎日多くの感染者数が報告されておりますが、広島市、広島県では3季ぶりにインフルエンザが流行入りしたとのことです。広島市によると、1月28日の市内の定点当たりのインフルエンザの患者報告数が計94人と、1医療機関当たり2・61人となり、流行開始の目安となる1人を上回ったそうです。広島県でも1月2日~8日の県内の定点あたりのインフルエンザの患者数は2.4人で、流行入りの目安となる1人を上回りました。インフルエンザも新型コロナウイルス感染症も対策としては同じでマスク着用やうがい、手洗いなどになります。引き続き気を付けていきましょう。

なお、発熱患者の増加に伴いしばらくの間胃カメラ、大腸カメラは中止させていただければと存じます。ご迷惑をおかけいたしますがご了承の程よろしくお願いいたします。