お知らせ(8月4日更新)

2020-05-09 09:06:00

新型コロナウイルス感染に関する相談・受診の目安の新指針

ゴールデンウィークは天気が良く暑い日が続いていましたが、今日はあいにくの雨模様です。広島県では5月4日以降新型コロナウイルス感染症の感染が認められていない状況が続いています(5月8日現在)。このまま終息してくれたらいいのですがまだまだ油断は禁物です。さて先日厚生労働省より新型コロナウイルス感染に関する相談・受診の目安の新指針が公表されました。今までの「37.5℃以上の発熱が4日以上続く」との表記が削除されました。感染が疑われる人が相談・受診を過度に控えているとの指摘があったことや、目安に該当していないとして診察やPCR検査が受けられないケースがあったため見直されたそうです。新たな目安では、「息苦しさ、強いだるさ、高熱などの強い症状のいずれかがある」「高齢者や基礎疾患がある人で、発熱やせきなどの比較的軽い風邪症状がある」「比較的軽い風邪が続く(4日以上)」の3項目が設定され、一つでも該当すればすぐに相談するようにとのことです。上記の症状がある場合には、保健所内にある帰国者・接触者相談センターにすぐにご相談ください。

平日(8時30分~17時)             左記以外

安佐南保健センター (082)831-4942      コールセンター (082)241-4566

安佐北保健センター (082)819-0586