お知らせ(12月2日更新)

2019-05-30 12:38:00

がんゲノム医療の検査が保険適応に

厚生労働省より来月から「がんゲノム医療」用の検査が保険診療の適応となることが決まりました。「がんゲノム医療」とはがん患者の遺伝子変異を調べて適切な治療を選ぶ医療の事です。検査にかかる費用はやはり高額で56万円。保険適応で患者負担は1~3割。高額医療制度を使えばさらに負担は抑えられるようです。対象は固形がん(血液がん以外のがん)で抗がん剤治療が効かなかった人や治療法がない希少がんや小児がんが適応になるようです。そのような患者様にはもちろん福音となるのですが、まだまだいろいろな問題点もありこれからの検討が必要な状況だそうです。できるだけ早く治療に結び付けられるような検査、治療の体制を確立してほしいものです。