お知らせ       (12月14日更新)

2018-12-06 11:00:00

広島市内でインフルエンザの流行期に入りました インフルエンザワクチン入荷しました

広島市によりますと2018年第48週(11月26日~12月2日)はインフルエンザ感染患者の報告数が41人となり定点あたり1.11人と流行開始の目安とされる定点あたり1.0人を上回り、流行期に入ったとのことです。例年、インフルエンザの流行が始まると急激に患者が増加しますので感染予防のため手洗い、うがい、保湿、マスクの着用などにお気を付けください。またワクチン接種も有効となります。やっと当院でも入荷でき現在在庫がございますのでご希望の方はご連絡ください。