お知らせ       (11月17日更新)

2017-11-28 12:22:00

広島市でインフルエンザが流行入りしました

広島市によりますと2017年第47週(11月13日~11月19日)はインフルエンザの患者が40人(定点あたり1.08人、A型:37人、B型:3人)の報告がありました。前週と比べると約5.7倍に急増しました。流行開始の目安とされる定点あたり1人を上回り流行入りしたと考えられます。例年インフルエンザは流行が始まると急激に患者が増加しますので手洗いやマスク着用などに十分お気を付けください。また発熱やのどの痛み、咳など感冒症状を認めた場合にはお早めに医療機関の受診をご検討ください。