お知らせ       (11月17日更新)

2017-06-14 15:43:00

A群溶血性連鎖球菌(溶連菌)の検査のついて

先日関東でA群溶連菌の流行が本格化したとの報告がありました。

広島でも例年より多い状況のようです。

このたび当院にてA群溶連菌の迅速診断キットを導入致しました。

A群溶連菌感染症は主に小児に多い感染症ですが大人でも感染する可能性があります。

症状としては風邪と同じような症状(頭痛、発熱、のどの痛み、咳など)ですが風邪薬などの治療でも改善が乏しい場合には疑われます。

また周りの方(同居のご家族など)で溶連菌感染症にかかっている方がおられ、感冒症状があるようでしたら溶連菌感染症の可能性がありますので検査をされることをおすすめします。溶連菌感染症の場合は抗生剤の内服にて治療を行います。リウマチ熱、糸球体腎炎などの合併症を起こすこともありますのでお気を付けください。